【真実】自分を変えるには【変わらないと決めること】

自分を変えたい。。

自分を変える方法を知りたい。。

↑の悩みをもってる方に向けて書いています。

自分を変えたい、変えるにはどうしたらいいんだろう?と悩んだ経験は誰しも1回ぐらいはあるんじゃないでしょうか?

僕も4年前にうつ状態になって、必死に変わろうとしてました。

自分を変えようと必死にもがいて、無理してた感バンバンだったと思います。

僕なりに色々インプットとアウトプットを繰り返した結果、行き着いた結論があります。

それは、自分を変えるには、

自分を変えようとしない、自分は変わらなくていい

と決意すると、自分を変えられる ということです。

下記で詳しく解説していきます。

@【真実】自分を変えるには【変わらないと決めること】

もちろん、自分で変わろうと努力して変わった人もたくさんいると思います。

ただ、世間ではあまり知られてないかもですが、

変わらないと決めて自分を変えることができる方法もあるんです。

@変わらないとは

変わらないとは、今の状態の自分から変わらないでいい というのとはちょっと違います。

変わろうしなくていい という意味合いで捉えてもらいたいです。

自分から無理に変わろうとしないでいいという感じです。

@変わろうとしないでいいとは

変わろうとしない とは、素の自分に戻っていくということです。

変わろうとしてる時って、自分の中でコンプレックスや恐れ、自分自身を否定してる感情などいっぱい持ってるはずです。

僕自身もいっぱい持ってました。

その恐れや否定の感情を手放していく、自分自身から引いていくということが、

素の自分に戻っていくということになります。

@恐れや否定の感情を手放していくには

恐れや否定の感情は、素の自分に戻っていくことで手放すことができます。

逆に言うと素の自分とは

恐れや否定の感情を持ってない自分ということです。

思い出せる範囲でいいですが、自分の小さい時、

(幼稚園か、小学校低学年くらいがベスト)

その頃のあなたは、おそらく恐れや否定の感情をまだ持っていなかったと思います。

僕が幼稚園の頃は、自分を変えたいとか、コミュニケーションがとれない

なんて悩んだこともなく、

友達とブランコで遊んだり、泥団子つくったりと思いっきり毎日を楽しんでました。

要はピュアだったんですね。

あなたにも少なからずそういう時期があったはずです。

小さい頃(ピュアな頃)の、物事の捉え方、人との接し方、物の頼み方など

思い出せる範囲で思い出し、

その頃の感情や在り方に近づいていくことが、恐れや否定の感情を手放していくということになります。

@恐れや否定の感情を手放していく時にぶちあたる壁

 

恐れや否定をしない自分に戻ろうとすると

自分は拒絶されるんじゃないか。。

悪い印象を与えるんじゃないか。。

と必ず壁にぶち当たる時がくると思います。

そんな時は、ただただ我慢。

我慢です。

いや、そんなことない

自分は受け入れられる

ピュアな自分を好きにってくれる人がいるはず

と自分を鼓舞すること、

自己肯定することを繰り返しましょう。

ただシンプルに自己肯定を繰り返すことです。

自己肯定の記事

1日で幸せになる秘密の方法なんてこの世にはありません。

何かに打ち負かされそうになった時は、

繰り返し繰り返し自分を肯定していくことを積み重ねるんです。

いつだってシンプルなことを繰り返すのが

一番の近道になると僕の経験からも思います。

恐れや否定の感情を手放して、いずれぶち当たる壁を乗り越え、ピュアな自分に戻っていくことが

変わらないと決めて自分を変える方法ということです。

@理想の自分を作って変わるより素の自分に戻ろうとして変わる方がいい

自分を変えるには2つの方法があります。

それが

理想の自分を作ってそれに近づいていく

素の自分に戻ろうとしてピュアな自分に近づいていく

以上の2パターンです。

理想の自分に近づいていく方法は、

今よりももっと明るい自分

人に好かれる自分

仕事ができる自分

など、自分の理想を作って、そんな自分に変えていくということです。

別の言い方で言うと、今の自分を否定して、新しい自分になるという風にも言えます。

何が言いたいかというと、

この方法では今の自分を否定してるので常にどこかが苦しくなってしまうということです。

仮の自分を演じてる感覚ですね。

別に興味のない人と一緒にいたり、会話を合わせたり、明るく振る舞ったり、無理してお金を使ったり

↑ちょっと苦しそうですよね。。

 

反対に、素の自分に近づいていく方法は、

最初はもちろん抵抗はありますが、ありのままの姿に戻っていくにつれ、ストレスは段々と無くなっていきます。

 

無理して興味のない人と居ないですし、会話も合わせないし、明るく振る舞まうこともありません。

好きな人と一緒に居て、喋りたい人と喋って、自分がベストだと思う方法で仕事をしたり、周りにも気を使って合わせたりもしなくなると思います。

こんな事したら友達がいなくなるとか、周りから仲間はずれにされるとか思うかもしれませんが、

大丈夫です。

 

ありままの自分を好きになってくれる人は必ずいますし、

周りに合わせてできた友人よりも、ありのままの自分と友人になってくれる人の方が何よりも価値があります。

長々と書いてきましたが、

要は、無理して理想の自分を作るより、ピュアなありのままの自分になった方が幸せだし、友達とか仕事とか逆に上手くいくよ!ってことです笑

@まとめ、結論

自分を変えるには、変わらなくていい

変わらなくていいとは、素の自分に戻るということ

素の自分とは、昔のピュアだった頃(幼稚園、小学校低学年)の自分

理想の自分を作って近づくより、素のありのままの自分に戻って行った方が、幸せだし逆に何事も上手くいく

今回はこれで以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

僕も素のありのままの自分に戻っている最中です。ぜひ皆さんもピュアだった頃を思い出して、その頃の自分に戻ってみて下さい。

それでは。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です